AMS-119 ギラ・ドーガ重装型陸戦仕様…15 | ガンダムネタ♪ 
    さて、ギラ・ドーガ…HGUC版15回目の更新。


    昨日、基本塗装が終わりました。
    色は、「タン」と「ウッドブラウン」です。
    21576.jpg

    21577.jpg

    21578.jpg
    僕的には、かなり予想通りな配色。
    (基本的に、ノーマルのギラドーガと色味が違うだけですが…)

    で、肝心のヘアスプレー使用の剥がれ加工ですが…
    この写真のあと、剥がし作業を行ったんですが、全く剥がれない…エッジの部分がかろうじて取れるだけ。
    どうやら、ヘアスプレーの噴き方が少なかったようです。
    (ちょっと多くついちゃったかな?ってとこは少し剥がれやすかった気がしたので…)
    もしくは、一度、基本色を噴いた後、乾き始めた段階で、もう一度重ね噴きしたから、トップコートでコートしたのと同じ状態ができちゃったんですかね? 初めてやる事は失敗しますねぇ~-_-
    ま、それも楽しいんですけど。

    ともかく、うまく剥がれなかったので、「このままでは下地塗装の色も全く無駄になっちゃう」と思い、
    「ティッシュに溶剤をつけて擦る」…という愚行に出ました。

    その行為で、下地自体も剥がれてしまう…っていう事態にはならなかったものの、
    その状態は、とても見せれたものではない(失敗)ので、写真どうしようかと…-_-
    ま、気が向いたら、次の工程に入る前に撮ります。

    基本、やり直しはしないですからね。
    この失敗と思われる状況を利用して、次の工程に生かします!!

    この後、
    ①認識帯…右肩のシールドと、左フロントアーマー
     (もうマスキングはしちゃいましたw)
    ②筆による色味の変化(初作業)…下地で行ったような、イメージ。かるく迷彩っぽくなるかな?って思ってます。
     やった事ないので、うまくできるかどうか…楽しみの一つ♪
    ③エナメルでのウェザリング…いつも通り
     これはいつも通りですが、色味は新たなるチャレンジ考えてます。
    ④ヘアカラー剤による汚し(初作業)にチャレンジ…美容師としての特権(?)を活かし、お店にある白髪染めの薬を利用し、良さそうな色味を使います。(ちゃんと材料代は払うからねぇ~w)
     発色後のカラー剤の色が重要なので、ただ今検討中!!

    ちょっと、も一個考えてるのが、マニキュアを薄めて、エアブラシで噴いてみたいんだよね…どうなるやら…-_-
    チャンスがあればw



    今日の夜は、クオレさんと打ち合わせなので、たぶんできません。
    明日の夜、レッスンまでの時間でですかね?

    い・じょ・う~w



    HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

    HGUC 1/144 AMS-119 レズン・シュナイダー専用 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)


    HGUC 1/144 アイザック/ガザC/ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)セット


    旧キット1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)

    (ランゲ・ブルーノ砲を、自作できなかった場合の保険)


    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ

    プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 cg_link.png



    プレミアム バンダイ

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/905-7d121209