旧キットをそのまま…AMS-119 ギラ・ドーガ(コンペ参加)…その2 | ガンダムネタ♪ 
    1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)



    さて、やらなきゃいけない事を公私共に放り出して進めてます…ギラコンペ。
    今回は、旧キットの2回目。

    ゲート処理、合わせ目消し(一部まだやってない…飽きたので…)と、後ハメの加工、鋳造処理を行ないました。

    18364.jpg
    鋳造処理の場所は、まだ変更するかもしれません。
    ま、こんなイメージ。


    ここからは、後ハメの加工。
    頭の中のパーツの後ハメ。
    18367.jpg
    はまる場所の部分をカットしただけ。
    コレって、どうせ見えないし、やんなくてもいい気がしますけど…-_-

    次は、スパイクアーマー
    18370.jpg
    ここも、はまる場所をカットしただけ

    次、かかとの部分。
    18373.jpg
    ここは、突起の方をカット。
    つま先の方は、段オチになっているので、必要なし。
    ただ、調子に乗って、切り過ぎました…。
    ま、問題なし!!

    次、股間パーツ。
    18376.jpg
    ここも、突起の方をカット。
    ここは、上手く行きました。

    この加工の所為で、ゆるゆるになってしまった所(もともとゆるゆるだったとこも含めて)には、木工用ボンドか、Gクリアーを塗ります。
    これで、緩くなくなりますからw
    ただ、無理くりに動かすと、即座にその効果を失います。
    どうせ、動かさないし…-_-



    この後は、飽きてしまった合わせ目消しの残りを処理したら、塗装ですね。
    例によって筆塗りなんですけど、塗り分けが結構あります。
    筆塗りなので、マスキングテープは上手く行きにくい…マスキングゾル…結局、フリーハンドで塗るんだから、
    最初から塗料をフリーハンドの方がいいでしょ?
    てな具合。


    HGの組みやすさの中で作る楽しさも楽しいけど、
    こういう旧キットの不自由な工作も楽しいね。

    それにしても、ファーストの旧キットから、そう何年も経ってないと思うんだけど、
    すさまじい進化だね…。
    これ、多少の不格好さはあるけど、全然いいよ。
    忠さんが作ったイェーガーの旧キットもかっこいいと思ったけど。


    で、先日の忠さんの零戦の作り直しの時に言ってた、クラフトマンのマスターのセリフが載ってるページがあったので…
    18323.jpg
    これ、子供ながらに印象に残ってるんですよね…-_-
    マスターすげー!!
    これみて、F-86が好きになったしw

    という余談。




    で、仕上げ待ちしてる3体のキットは、いつ仕上げましょうか…

    「完成が近づいてくるとなかなか完成しない病」が発動中です…-_-



    HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

    HGUC 1/144 AMS-119 レズン・シュナイダー専用 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)


    HGUC 1/144 アイザック/ガザC/ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)セット


    旧キット1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)

    (ランゲ・ブルーノ砲を、自作できなかった場合の保険)


    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ

    プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 cg_link.png



    プレミアム バンダイ

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/849-e70a0f77