旧キットをそのまま…AMS-119 ギラ・ドーガ(コンペ参加)…その1 | ガンダムネタ♪ 
    1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    さてさて、コンペ開始は、7月からだというのに、もう作り始めてしまった…ボク。
    このキットは、旧キットを「素組みで、設定に近い色で、筆塗り」の縛りで、作成します。
    コンペに対しては、コレと、HGUCで重装型と、フルフロンタル機のリメイクの3種提出で行きたいと思います。
    モチベ上がりますねぇ…w

    17836.jpg
    コレが、旧キットの箱です。
    作るのもったいないんだよねぇ…-_-

    17837.jpg
    で、これが説明書。
    中には、ギラ・ドーガ改の設定が載ってる。
    これって、作れって事??


    で、早速仮組みしました。
    17855.jpg

    17856.jpg
    結構、カッコよくね??
    HGUCと比べると、むむむって思う所は出て来ちゃうけど、いい感じ。

    ホント、このキット…旧キットって言うけど、結構、頑張ってます。
    ここで!!
    頑張りポイント
    ①後ハメ加工がほとんどいらない。
    17858.jpg
    このバラっとしてるのは全部接着しちゃって大丈夫。
    ダメな部分は、スパイクアーマーと、胴体くらい。
    この2つも、簡単な加工で、後ハメ出来そうです。

    ②指が可動式。
    17859.jpg
    この作り…何でやめたんだろう。
    すごいいいと思うんだけど…。

    ③足首の接地がパーペキ。


    ですが、さすが旧キット…残念ポイントもいくつかあります。

    不思議な残念ポイント
    ①先にもあった様に、スパイクアーマーと胴体が後ハメ加工が必要。
    17860.jpg

    ②右肩の盾が小さい。

    ③頭部が左右割れのモナカ。

    ④各所の合わせ目消しが、かなり困難なモールドあり部分

    ⑤ひじ関節のポリキャップがむき出し過ぎ-_-

    ⑥最大の不思議ポイント…なぜか?ネジ止め箇所が3か所
    17863.jpg
    「すね」×2、胴体×1の3か所。
    この3か所にネジ止めする理由が見当たらない…-_-
    νガンダムは、それなりに理由が想像できるけど、この人はねぇ…-_-
    不思議です。。

    で、スタイルは、ちょっと細身ですね。
    旧キット特有のずんぐり感は、もうこの頃のキットにはないみたいですね。
    こいつは、しっかりと作ってみたい気がしますが…残念ながら素組み筆塗りです。
    もし、またこのキットが手に入ったら考えます。


    そういう事で、いいかげん過ぎる素組みレビューでした。
    でも、これは楽しく作れそうですw


    HGUC 1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)

    HGUC 1/144 AMS-119 レズン・シュナイダー専用 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    HGUC 1/144 ギラ・ドーガ(フル・フロンタル専用機)


    HGUC 1/144 アイザック/ガザC/ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)セット


    旧キット1/144 AMS-119 ギラ・ドーガ (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)


    HGUC 1/144 AMS-129 アンジェロ・ザウバー専用 ギラ・ズール (機動戦士ガンダムUC)

    (ランゲ・ブルーノ砲を、自作できなかった場合の保険)


    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ

    プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 cg_link.png



    プレミアム バンダイ

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/838-04e96128