MS-06E 強行偵察型ザクという機体 | ガンダムネタ♪ 

    ザク強行偵察型
    zakue03.jpg

    ザク強行偵察型
    (RECON TYPE ZAKU)
    型式番号:MS-06E
    所属:
     ジオン公国
     地球連邦軍
     ティターンズ
    頭頂高:17.7m
    本体重量:60.4t
    全備重量:76.2t
    出力:951kW
    推力:53,750kg
    センサー有効半径:3,200m
    武装:
    無し(カメラ・ガン)
    シールド
    ザクマシンガン


    期待説明:
    プラモデル企画『MSV』、および『機動戦士Ζガンダム』に登場するジオン公国軍・地球連邦軍の偵察用MS。

    ザクIIを偵察型に改良した機体。
    情報収集性能や機動性を高めるために、頭部のモノアイを複合式にしたり、ランドセルを改装するなど変更がなされている。
    また両肩をはじめ、機体の各部にカメラもしくはセンサーと小型スラスターが増設されている。
    基本的にセンサーと兵器状の外見の「カメラ・ガン」を用いた偵察を行うため武装は持たないが、一部の部隊では戦力不足からかザクマシンガンを装備している。
    機体の装甲が薄いため、戦闘に向かないとする資料もあるようだが、一説には装甲は標準機と変わらずSタイプ並みの戦闘力を有する、あるいは通常機に遜色はないとも言われ、定説を見ない。
    カラーリングについては、暗視塗装としての藍色や濃灰色以外にもエース機並みの目立った塗装を施すパイロットも見られ、熟練パイロットへのジオン軍の温情が垣間見られる。
    MS-06E-3 ザクフリッパーというマイナーチェンジ型も存在している。
    なお、近藤和久によるOVA『機動戦士ガンダム0080』のためのイメージイラストには、この派生型としてアイザックのように後頭部がレドーム状になったザクIIが描かれている。
    一年戦争序盤におけるジオン軍の大勝の影の立役者ともいえ、連邦軍からの評価も高かったようで、終戦時に連邦軍によって接収された。
    一部の機体はグリプス戦役においてもコクピットの形状や偵察用の機材、スラスター類を最新のモノに更新・実戦投入されており、『機動戦士Ζガンダム』の第10話に月面で偵察活動を行うティターンズ所属の同機が描かれている。
    茶色に塗装されたこの機体は、ハイザックのシールドも装備していた。

    zakue01.jpgzakue02.jpgzakue05.jpgzakue04.jpg

    zakue06.jpg




    MS-06E ZAKU RECON


    MSVモデリングカタログ―1/144+α


    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ

    プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】


    プレミアム バンダイ

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/664-92c298c5