MSM-07 量産型ズゴック…8 | ガンダムネタ♪ 
    MSM-07 量産型ズゴック作成記…第8回目です。


    今回は、膝と爪の処理ですね。

    とりあえず、白で塗ってみた図。
    10000027.jpg
    筆塗りしてみて、

    「ダメだこりゃ…」ってなって、
    エアブラシに変更を余儀なくされる…そんな時もあるんです。


    気を取り直して、
    まず、400番~2000番と順番にやする。
    爪の一本だけを、欠けた感じに処理。
    爪の一本一本に対し、根元にピンバイスで穴をあけ、プラ棒をさし、塗装時の持ち手を作る。
    ラッカー系のホワイトを塗る(筆塗りの上から、再塗装)。
    ラッカー系のクリアオレンジとクリアイエローを混合して、黄ばんだ感じを表現。
    ラッカー系のクリアブラックを中心に塗布(コレが、ボクのエアブラシでは細く噴けなくて失敗)。
    ラッカー系のクリアオレンジで、斑点っぽく塗布(これも失敗)。
    エナメルのブラックで、スジを入れる(コレも細く出来なくて失敗)。
    →この3連続失敗で、象牙っぽい塗装を断念。
    ココからは、マーブルがかった石(?)みたいな表現に変更。
    厚くなってしまった塗膜に対し、ラッカー系のホワイト+クリアブラック×溶剤5倍を塗布。
    コレにより、今まで塗装した部分が、垂れ流れ出す→マーブルな感じになる。
    乾いてきたら、ラッカー系ホワイト×溶剤5倍を塗布。
    またまた垂れ流れ状態。
    クリアブラック・クリアイエロー・ホワイト…それぞれガッツリ薄めたヤツを、順番に何回も。
    どのくらい行ったか忘れたけど…、

    結果。
    10000028.jpg
    ツヤ感もある変な石になった。


    ま、コレで行きますか!!

    実は、膝の部分も同様になってます。

    この質感が、本体とのアンバランスを生んで、まぁ、何とも言えない感じになります(予定です)。


    では、次回は本体側に塗装になります。
    今回の爪の回と、ここからの行動で、いろんな感情との闘いが繰り広げられます…-_-

    では、残るところ3回ですかね?
    いよいよ完成が見えれ来ました。




    黒瞬
    タミヤのクラフトツール精密ノコギリ (エッチング製)
    クラフトツール カッターのこ


    MSM-07 量産型ズゴック

    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking

    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ



    プレミアム バンダイ


    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/560-53b3de92