砂漠の攻防戦…15 | ガンダムネタ♪ 
FC2ブログ
    2013-12-30 | カテゴリ:砂漠の攻防戦(完)
    忠さんの砂ザク作成記15

    今回は、いよいよ完成記事です!!





    MS-06D ザク・デザートタイプ
    64882.jpg



    以前にも書きましたが、このザク・デザートタイプは、私にとって特に思い入れのある機体でした。

    正面:
    6487.jpg

    左面:
    6488.jpg

    右面:
    6489.jpg

    後面:
    6490.jpg

    しかし、あらためて この機体のデザインを見ると、
    ①コクピット…何処から入るの?
    ②砂から出て来るボックスアートの割には、バーニア(推力)が少ない!
    …という点が気になりました。



    MSVの登場した当時、
    バリエーションを増やすために、差別化をし過ぎたデザインになり、
    基本的なパーツを忘れてしまったのかな?
    って思います。


    そこで、今回の製作にあたり
    A1.コクピットの明確化
    A2.バーニアの増設
    …上記2点を必須とし、
    A3.ジムキャノン同様、たくさん武装を携行できる機体(砂漠という悪条件で、余り移動出来ない?)
    A4.陸戦専用である事
    この事も意識しました。


    今回、技術的にやってみたかった事
    B1.ツィメリット・コーティング
    B2.オリジナル・デカール
    B3.徹底した汚し


    工作にFzザクを選んだのは、前述の必須項目を解決するのに、一番適した機体だと思ったからです。
    しかし、このFzザクのキットには、
    C1.付属の武器が少ない!
    C2.付属の手が少ない!
    というのが問題でした。

    そこで、武器群は、F2やF型のキットから引っ張って来ました。

    武装装備後
    6501.jpg

    一部装備
    6494.jpg

    6493.jpg

    6491.jpg

    全装備
    6500.jpg

    6497.jpg

    6499.jpg



    では、個々に見ていきます。
    (長くなりますが、お付き合いください…。)


    A1.Fzザクを使用する事で解決。

    A2.足に関しては、同上。
       バックパックは、増設。
    6498.jpg

    A3.→C1.へ

    A4.→B1.B3.へ


    B1.以前の作成記時にて説明。
    砂漠の攻防戦…10
      →http://rx7802g.blog.fc2.com/blog-entry-481.html

    B2.おうちdeデカール(白)
    6520.jpg

    自分で作れるデカール
    で飛び付いたのは良いものの
    …図を反転させてからプリントしないと逆さまにプリントされてしまいます。
    今回、シールドにはったパーソナルマーク、反対方向でプリントしようと思ったのに…。
    (図的にはこの方向で正解みたいですが…)
    因みに、この図は、エジプトの“セト神”で、砂漠の神様です。
    身を守るべきシールドに描いて見た。
    (一番弾の当たる所に美女描くなんてあり得ないし、弾除けの意味を込めて…日本人的?)
    パーソナルマークを私は、部隊マークとして考えていますがそれで良いんですかね?
    本来、部隊マークは、もっとシンプルな物が良いのかもしれません。
    が、砂漠であること、多分、プリント技術の向上、そして、シールドという大きなキャンパスが在れば細かく視認性があるものでも良いかと。
    6523.jpg

    因みに、当初、もっとシンプルなマークを考えていましたが、
    データが小さく荒かった事、デカールの下地が白なので、
    余白を残したく無かったこと等を考え、セト神にしました。
    前回のジムキャノンの“美女”は、ノーズアートは、あくまでパイロットの趣味です。
    WW2(第二次世界大戦)では、各国で行われていました。
    「国家の備品である兵器に個人の“落書き”を描くのは?」
    …という突っ込みは、当初からあった様です。
    ですが、パイロットの士気向上(維持)から黙認されていました。
    各国 特色があり、日本・ドイツは余り描かず、イギリスも私は、余り見た事ないです。
    どこの国も本当に落書き程度です。
    その中でも、アメリカは違いました。
    お国がらか圧倒的に多く、マンガのキャラクターやピンナップの女性を描きました。
    ガンダム世界におけるジオン軍は、ドイツ軍置き換え?
    だとしたら余り描かなかったじゃないかと…。

    B3.
    色は、タンとオリーブドラブで旧キットの塗装説明とボックスアートを参考にしました。
    後は、エナメルのフラットブラックとレッドブラウンですみ入れ、ウェザリングマスターで汚し。
    …をしたのですが…
    ウェザリングマスターは手で触ると結構剥がれてしまうので、
    追加武装するとき困りました。
    また、今回、初めて、びん入りのトップコートの存在を福瀬さんから教えて貰いました。
    今までトップコートなんて殆どやったことなかったので驚きでした!
    黒い三連星のザクは、スプレー缶でやりました。
    加減がわからずダマになり苦労しました。
    今回も途中迄、缶でやってます。


    C1.
    背中のバズーカは、シャアザク作成に使っている機体から
    腰のマシンガンは、Fzザクの物。
    手に持っているのは、旧キットのマシンガン。
    ミサイルポットは、F2ザクから
    板鉛
    6524.jpg

    魚釣りに使う錘です。
    良くジェット機モデルの錘として使います。
    とても柔らかい材質で色々な使い道がありそうです。
    今回は、ミサイルポットのバンドに使いました。
    後は、前回のジムキャノン同様、至る所にマグネットを仕込み武器を携行出来るようにしました。


    C2.ビークラブのザクの手(絶版?)
    6518.jpg
    ずっと前にHGザクに使うために購入しておいた物。
    ビルダーズパーツのものより、私は、好きです。
    結構高価だった記憶が…。




    最後に、いくつかのポーズをつけた画像をどうぞm(_ _)m


    6570.jpg

    6569.jpg

    6568.jpg

    6567.jpg

    6566.jpg

    6565.jpg


    総括:
    今回、年末完成を目指した為(というかこれ以上集中力持ちません)、
    急ぎの作業になりました。
    本当、シールドのデカールの向きも直そうと思いましたが気力も無かった。
    又、トップコートのダマ(缶スプレーが使いこなせない情けなさ)や
    汚しの定着等々反省点は沢山有ります。
    が、一応、自分のやりたかった事は出来たので十分楽しめました。
    出来は、70点位ですが、120%楽しめました!



    追伸
    FA作る前に、一つ作ります。




    MS-06D ZAKU DESERT TYPE


    MS-06FZ ザクII改


    MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII





    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村


    ガンプラ ブログランキングへ



    プレミアム バンダイ

    関連記事
    スポンサーサイト




    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/498-c817ccda