香り・・・like it | ガンダムネタ♪ 
FC2ブログ
    -------- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010-05-14 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊

    貴方の香りが
      私を包む時
    私の心が癒されるのを感じた。

    唯一の安らぎが
    この瞬間にあるという事を
    私は
    この身体の全てで
     それを感じ取っている。

    このまま
    この安らぎが
     永遠のものになるのなら
    どれ程の対価を払おうと

    「それでもいい。」
        と思うのに・・・


    貴方の幸せの全てを
     願えば
      願う程
    貴方の元にはいられない…

    そんな私がいるんです。


    「愛してる。」と
      言葉を発するのは

    簡単な事。


    「真実(ホントウ)の愛」を
          持ち続けるのには

    つらさ
     寂しさ
      喪失感や
       嫉妬
        ジレンマ

    そういったものとの
         闘いになるんです。

     

    その中での
       一瞬の安らぎ・・・


    貴方の香りに包まれていた


     そんな 夜に・・・。
     


    楓。


    好きな人をただ「好き」と想い、
    それを言葉にするのは簡単な事。
    そしてその愛を相手に求めて
    束縛というものでがんじがらめにしてしまう…

    そんなものです…

    恋愛なんて。


    それでも、
    そんな時に、相手の幸せを考えると導き出される答えは、

    相手の傍から離れる事。

    それでも想い続ける事。


    そんな純愛に近い恋心…


    を詠ったものです。


    じぶんに与えられた幸せの時間は刹那の内に通り過ぎてしまい、
    それでもそれを身体いっぱいで感じる・・・。

    あー、切ないなぁ・・・。


    みたいな感じです。

    久しぶりに言葉が降りて来たので、綴ってみました。

    暗いようで、暗くない。
    思い詰めているようで、そうではない。
    結構、ニュートラルな心持でいるんだろうなぁ・・・って感じです。


    そんな恋心があっても、いいんじゃね??


    でわ。。
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/206-89c37ce0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。