HGTB フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)(第2回1000%素組みコンペ参加キット03)…03 | ガンダムネタ♪ 
    2017-01-28 | カテゴリ:HG サンダーボルト
    サンダーボルト版フルアーマーガンダム続き…。

    正面。
    53538.jpg

    後ろ。
    53540.jpg

    バストアップ。
    53539.jpg


    ま、ほぼほぼ…これで完成です。



    一応、全体をチェックして、汚しの変なとこないか? 

    色がおかしいとこないか? 

    気になるとこないか?

    追加した方がいい部分塗装はないか?

    等々…。


    すんだら、ツヤ消しふきます。



    続く↓↓

    今回の汚しの仕方は、ほぼガンダムリアルタッチマーカーのみを使って行いました。
    あ…あと、激オチ君スポンジ(切れてるヤツ)。


    ガンダムリアルタッチマーカーの濃いグレーと、ブラウンと、ぼかしペン×2本(1本は新しめのやつで、もう1本は、もうパサパサで出なくなったやつ)で、行いました。

    マーキングシールだったので、どうしても段差が目立ちます。
    その部分には、水性アクリルの黒鉄色スポンジブラシも行いました。


    なので、今回の工夫は、
    ①ランナーごと塗装+マーキングシール
    ②リアルタッチマーカーでのウェザリング
    ③水性アクリル黒鉄色でのスポンジブラシ
    これだけかな??

    …このやり方は、ほぼほぼ、らいだ~Joeさんのやり方の真似です。
    では、超絶技のJoeさんのブログはこちら↓↓
    おっさんのガンプラ らいだ~Joe




    では、やり方~w
    (僕のアレンジしたやり方ね)



    まず、準備するリアルタッチマーカーは、この4つ。
    53598.jpg


    リアルタッチマーカーグレー3(ほとんど黒に見える濃いグレー)
    リアルタッチマーカーブラウン1(濃い目の茶色)
    リアルタッチマーカーぼかしペン(ふきとりタイプ)と、
    その、ボロボロのヤツ



    ①まず、ブラウン1の太い方を使って、溝(錆びたり汚れたりしそうな場所…凹んでるトコね)に、おおざっぱに塗ります。
    結構、ハミ出し気味。
    53601.jpg



    ②続いて、グレー3の細い方を使って、溝に…今度は、ブラウンの中心付近になる様に塗ります。
    53603.jpg



    ③しばらく乾かします。
    これが、早いとほとんど残らないので注意。
    で、急いでる時は、これからやるぼかしペンの新しいのがいらないです。



    ④でもって、時間をおいた場合の手順
    ぼかしペンの新しい方の液体を、ブラウンとグレーが付いている部分に塗ります。
    …この時は、変化なくてOK。単純に液体を置きたいだけです。
    53606.jpg



    ⑤ぼかしペンのボロボロのやつを使って、大々的にこすります。
    色んな方向に、これでもかってくらいこすります。
    53608.jpg



    で、こうなります。
    53610.jpg



    ⑥でもって、このままだと汚すぎるので、全体的に激オチ君スポンジをかけます。
    すると、溝近辺を残して、汚れが取れて…、
    「汚れたので洗ったけど、くぼんだ所の汚れが残っちゃった…」的な感じになるわけです。
    53612.jpg



    この作業を、凹んでる場所全体に行います。
    で、なんで、乾くまで置いたかというと、どちらが効率いいかって話になるんですけど、
    一つのパーツの対象の場所に、①~②を施します。
    すると、最初に行った場所は乾いてて、最後の方は乾いてない状態になてしまいます。
    なので、①~②の作業を、3パーツ以上やると、最初のパーツが程よく乾くので、同じ条件で④~⑤が行えるわけです。

    1ヶ所ずつコツコツと行える人は、①~②、⑤を優しくで行けるんじゃないかと…僕には無理なので、…-_-


    という感じで、初の試みでした。


    続いて、スポンジブラシについて。
    こいつは、
    水性アクリル塗料の黒鉄色、錆びは、ハルレッド(艦艇色)。
    塗料は原液を使ってます。
    スポンジ(1/4にカット)
    拭きとる時用のティッシュ等
    失敗した時にやり直す用の溶剤
    で行います。


    ①塗料の瓶を振ります。
    53617.jpg

    写真上手い!!



    ②ふたを開けて、そのふたの内側に着いた塗料にスポンジを小さく切ったモノ(感覚的に1/4くらいが使いやすいです)を押しつけて、塗料をつけます。
    53621.jpg

    53622.jpg

    (これはスポンジ小さく切り過ぎてやりにくいです)



    ③そのスポンジに付いた塗料を適量に調節する為に、ティッシュ等でふきとります(僕は、使用後の使い捨てマスクを使ってます)。
    53625.jpg

    53626.jpg



    ④今度は凹んだ部分というよりは、凸ってる部分(角…塗装がはげて錆びそうだよなぁ…って思う場所や、スス汚れ付くよねぇ~って場所)にホントに少しずつポンポンとしてきます。1/144なのでスケール感を考えると、大粒が付かないように力加減が最初は難しいかな?

    53628.jpg

    ↑↑
    こんな感じ。
    さびも同じ要領で行ってます。




    この使ってるパーツは、ヴァッフの太ももです。
    今晩、1000%模型部の新年会があって、その時に、この汚しの仕方を情報共有しようかなぁ~って事で、説明書的にこさえました。
    なので、写真のパーツが違うMSのなんです。

    おしまい。





    FA-78-1 フルアーマーガンダム




    完成品一覧…1000%模型部MS格納庫…ガンダムネタ♪

    森下君のブログ…ks親子のプラモデル製作日記


    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ

    プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 cg_link.png



    プレミアム バンダイ
    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/1452-f1bbe86a