AMX-107R リバウ(模型部UC素組みコンペ参加)…03(パーツ切り出し) | ガンダムネタ♪ 
    2016-02-13 | カテゴリ:HGUC U.C.
    HGUC 1/144 リバウ (プレミアムバンダイ限定)の作成記…第3回。
    (えーっと、しばらくの間、うちの模型部に対して、初歩的な事を伝えてる様を、そのまま記事にしてますので、詰まんない話が続くと思いますが…しかも、結構かたよってる話かもしれない…自分じゃわかんないけど)



    更新した前の記事は、リバウ関係なくなっちゃいました…-_-
    http://rx7802g.blog.fc2.com/blog-entry-1155.html
    タイトルは「AMX-107R リバウ(模型部UC素組みコンペ参加)…02」ですけど、
    記事の中身は、とりあえず揃えたい道具の話になりました。


    100均で結構そろえて、ニッパーを約500円のにすれば、
    ニッパー…500円
    デザインナイフと替え刃…200円(100均)
    金属やすり…100円(100均)
    サンドペーパー…200円(100均)
    タミヤセメント…400円
    トップコート…500円
    工具入れ…100円(100均)
    合計…2,000円(税別)
    で、準備可能ですね。

    って話を延々とつづってます(笑)


    で、道具に話だけで、終わってしまいました。




    ~ここから今日の記事~


    おはようございます。
    さて、リバウですが組み立て再開しました。

    昨日の記事では、組み立てまで行けなかったので、「今日こそは!」と…。


    まず、組み立てを始める前の確認。
    ①説明書のランナーがいっぱい書いてるとこと、ランナーがちゃんとあるか確認して下さい。
    (これは、第一回目の記事でやりました)

    ②説明書の最初から最後まで、ざっと目を通して下さい。
    これやっとくと失敗する事が減ります。

    ③こないだ宇野君が言ってたランナーを中性洗剤で洗うってのは、素組みの場合、結構重要なポイントだと思うのですが、どうしても面倒なので…僕はやりません-_-
    後ほど、ウェザリングについて説明しようと思ってるんですけど、その時にこの差が出てきます。


    とまぁ、能書きが多くなりましたが、いよいよ作成スタート
    ①プラモ用ニッパーで、パーツの切り出しをする。
    ②そのゲート処理をする
    を説明してきます。



    まず、切り出したいパーツのついたランナーを左手で持ちます。
    その時、必ず、切断したいゲーツ部分をパーツの右側に持って来て下さい。(右手で切るので、その方向に出すって事です)
    31532_20160213091312fe7.jpg



    これ、結構大事で、横着して、ニッパーの向きを変えて切ろうとかすると事故の元になります。
    必ず、ニッパーは定位置にして、切りたい場所を移動するようにします。


    そして、ゲートの切る場所ですが、安いニッパーで行う場合は、2~3mmパーツから離れた場所で切って下さい。
    パーツぎりぎりで切ると、その部分が白くなって、痕が残ったり、切り過ぎちゃって、凹みになったりします(こうなるとパテでの修正がいる)その点、アルティメットニッパーは、白くもならないし、そのままでも大丈夫なくらいきれいに切れます。
    いい道具は簡単にいい仕事がしやすく、そうでないモノを使用した場合は、もうひと手間かかっちゃうんですよね。本気で模型を作ろうと考えたら、ニッパーはお金を出す部分です。
    31533.jpg

    と、こんな感じに切れました。
    31535.jpg


    これを、高級ニッパーでギリギリで切断。
    (僕のアルティメットニッパーはどこに消えたんだ??見当たらないんですよね…-_-)
    31534.jpg

    もしくは、デザインナイフで切断。
    もしくは、金属やすり(平)で、「シュッシュッシュッ」です。
    ここで、サンドペーパーを使わないのは、サンドペーパーの場合、削ったところがザラザラになり他の部分との差が出やすい。
    金属やすりの場合、それが少ないんです(どうしてかは不明)。


    でも、じつは…
    僕は、ニッパーの良し悪しは考えず、
    切り取りにくい場所以外は、直接、ギリギリ切りしてます(笑)。
    (上の文章は何だったの??)
    それを金属やすり(平)できれいにしてます。

    一般論と現実の差です-_-



    ではこんな調子で、切り出しをし、ゲートを処理して組み立てて行き、
    上半身まで出来ました。
    31536.jpg



    でもって、昨日、続きを行ってたんですが、
    このキット…やっぱ古い。
    なので、ゲートの付いている位置やゲートの形状がかなり悪い。
    あと、ヒケや気になる部分が多すぎるので、
    ここで、全面的に表面処理を行う事を決定。

    なので、ゲート処理しながら行こうと思ったんですけど、
    それをあきらめて、
    いつものように(塗装もする時みたいに)、結構いいかげんにゲート処理して、とりあえず仮組み…という感じでガツガツ進めました。

    31604.jpg

    31605.jpg


    武器とシールド、袖の一部と、シール貼り以外は終了。
    本体、できちゃいました。


    なんだか、イメージと違う。
    ポーズの取らせ方が難しい。
    接着しないとできない部分…2か所。
    ポリキャップが完全に露出してる場所が何ヵ所か…-_-

    なかなか手強いキットです。


    ま、素組みですので何もできないんですけど…。


    では、次は、接着剤の話になります。
    その後は、せっかくですので表面処理の話になって、
    トップコートの話。
    で、スミ入れの話。
    簡易ウェザリングの話。
    シール、デカールの話となります。
    (順番は変わるかも?)

    引き続き、見物して少しでも参考にして下さい。
    忠さん、宇野君、森下君…それこの方がいいよってあったら、追加して下さいm(_ _)m


    以上です。


    HGUC 1/144 リバウ (プレミアムバンダイ限定)



    neko_onedari-thumbnail2.gif
    ↓↓↓

    FC2Blog Ranking


    にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへにほんブログ村

    ガンプラ ブログランキングへ

    プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 cg_link.png



    プレミアム バンダイ

    関連記事
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://rx7802g.blog.fc2.com/tb.php/1156-882c0bab