2010年01月 | ガンダムネタ♪ 
    2010-01-25 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊

     

    アレも欲しいコレも欲しいと
    あたしの欲求が増える度に
    貴方はそれを叶えようとする。

    それを鬱陶しいと感じるのは
    幸福感に麻痺した私のわがまま。

    「大好きなのに素直になれない。」
    かわいくないと反省してもしなくても
    貴方は優しい笑顔をくれた。


    夢の中の星降る夜は
    耳障りな空気の軋む音でかき消されてしまう。


    貴方に会う度に卑屈になるのがわかる。


    もう一度
    貴方に抱き締められたなら素直になれる…
    そんな気がするのに


    それも もう叶わない。


    私の気持ちは何処にも向かわない。

    只  呼吸の速さが残るだけ。




    確かに私は恋してた。



    楓。

    関連記事
    スポンサーサイト
    2010-01-21 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊

    はい、どうも午後になっても気分は朝寝・・・。


    今日は、天気悪い日ですね・・・。
    確か、昨年も雨でしたね~。。

    あ~仕方がないか・・・。
    その所為か?店暇です。

    では、かるく本題に移りましょう。
    昨年も書きましたが、本日は、心の中で「誕生日おめでとう」を言う日です。
    興味がある方は、昨年の記事も見て下さい。

    ないか・・・。

    (うん。気を取り直そうか!)


    そこで、今、作りかけの歌の詩を掲載します。
    ・・・作りかけです。
    まだ、詩も完結してないし、メロディー検討中。
    完成してから、載せる気でしたが、何となくこの記事とコンセプト合うし。。。

    何となくね。


    でわ。そういう事で。

     


    『 幼馴染。』


    小さい頃、何気なく交わした
    あなたとの「約束」


    「覚えている?」


    私達の中の小さな世界で
    ずっと一緒に歩いてきた。

    二人で・・・。


    それが幸せの全てだと思ってた。


    お互いが成長して、
    少し大人になった現在(いま)

    「覚えている?」


    話す事も殆ど無くて
    私ばかりが意識してる・・・。


    それでも幸せなんだと思い続けてきた。


    「今、振り返るでしょ?」
    「あ、今の、本当は嬉しかったでしょ?」
    なんて、あなたの事なら
    何でも分かるはずなのに・・・。


    少し、もどかしいね。。。


    小さな思いから始まった幼めな恋。



    以上。。。
    まだ、途中です。
    今、これにメロディー考えてて、変な鼻歌をずっと歌ってる。
    「ふふ~ん、ふんふん、ふふふ~ん。」

    みたいにね・・・。

    でわ、幼かったあの時に一番大事だと思ってたあなたへ

    お誕生日おめでとう。

     

    楓。
     

    関連記事
    2010-01-06 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊


    会いたい人がいる時
    貴方は躊躇わず会いに行きますか?



    その相手が私以外の誰かをも愛している・・・
    そんな場合でも
    貴方は躊躇わず会いに行く事ができますか?

     

    その恋に真剣になればなるほど
    簡単にはいかなくなりますよね?




    不倫とか

    浮気とか


    そんな簡単な言葉で片付けて欲しくない・・・

    そう・・・思います。

     
     

    そんなあの人も
    この醜い私と同じ想いを持ってくれているのなら
    この想いも少しは報われるのに・・・。

     

     

    貴方は

    本気で愛するあの人に

    躊躇わず会いに行く事ができますか?

     

     

    楓。
     

    関連記事
    2010-01-06 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊



    寒い夜が続いて 吐く息の白さが


    寂しさと同化する

     

    「二人でいる時の白さと違うんだ」



    そんな事を思いながら
    寒い夜の時間は過ぎていく


    必ず訪れる
    朝の光を感じながら
    この思いが古くなっていくのがわかる



    「何回 古くなれば形がなくなるの?」


    きっと

    色褪せて
    形崩れて
    薄れていってもなくならないんだろう。。。



    「寒さと寂しさはわかりにくい」



    きっとそういう事なんだ。。。




    楓。
    関連記事