2009年06月 | ガンダムネタ♪ 
    2009-06-30 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    えーと、本日もやってまいりました。
    楽しい楽しいビタミン詩のお時間です。
    (別に楽しくないって方は、矢作川の堤防で草むしりでもしていて下さい。)
     ・・・強気。

    今回は、今まで作ってきた詩の中で一番好きな件(くだりって読むのよ)のもの。
    ていうか、こんな娘がいたら、あー好きになっちゃうなぁ・・・とか、
    こんなシチュエーション・・・惚れてまうやろーです。


    って感じです。



    実は、よく惚れます。

    始まり。

    ボクの中の脳内彼女(楓さんの事ね。)が、体験した出来事を綴っている感じですね。
    気持ち悪い変態扱いしないで下さいね。
    ボクは、間違っても、気持ちの悪い変態ではなくて、
    清々しい変態です。
    その度合いも、いい感じに変態・・・ちょっと人と好みがずれているってだけです。

    っと、脱線。


    では、この辺で。

    関連記事
    スポンサーサイト
    2009-06-29 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    自分で書いたもので申し訳ないんですが、
    これから、少しずつ自分の好きな詩を紹介して行こうと思います。
    まずは、これ。

    感情。
    これは、何だか悩みが出来たりして、前を向くことが出来なくなった時なんかに
    今でも、たまに見て、元気出していこう・・・エイザイみたいな・・・。
    みなさんのビタミン詩になればと・・・。

    では、この辺で。
    関連記事
    2009-06-27 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    私の愛しているあなたが、
    「さみしい」と思うなら、
    私はすぐにあなたのもとに駆けつけます。

    私の愛しているあなたが、
    泣きたいと思うなら、
    私はあなたのそばにそっと寄り添っているでしょう。

    私の愛しているあなたが、
    喜ぶ事であるのなら、
    私はその願いの全部を叶えてあげたいと思います。

    そんな私の熱い想いは、
    叶う事無く、
    終る事無く、
    ただ何も無く通り過ぎるのです。

    あんなに永遠と感じた夜も
    明けてしまえば夢現の中。
    独りでいる時間が増え、
    空気の冷たさや
    水滴の落ちる清らかな音にさえ
    精神が傾きかける。

    あなたのいない世界に、
    あなたのいない時間が流れて行く。




    そんな時間が流れて行く。







    楓。
    関連記事