☆プレッシャーの塊 | ガンダムネタ♪ 
    2017-07-04 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    シリーズ「空」02
    「いつも晴れやか」
    62808.jpg



    朝起きて南の空を見上げたら
    なんだか簡単に気が晴れちゃった。

    面白くない事ばかりが続く毎日もこの心持ちを感じるためだと思えばまんざらでもないとか思えちゃうから不思議。


    きっとあなたと同じ空が見えているんだと…にやにやするあたしってちょっとかわいいかも?

    でもコレって雨が降ってても曇りの日でも同じじゃない?


    あたしの心…おどろくほど万能!!




    大好きなあなたへ
    あたしより。


    楓。
    スポンサーサイト
    2017-06-26 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    えーっと、久々に、楓。さん登場させてみました。
    というわけで、なんで突然??ってなるじゃないですか?
    実は、昔から、よく詩を書いてて、こんなモノをwebに載せたりしてたわけですよ。
    最近は、なりを潜めていたのですが、ちょっと登場させてもいいかな?って思ってね。
    あまりにも久しぶりなので、説明書いとかなきゃって感じです。

    昔のモノは、実は、まだありまして…、

    旧プレッシャーの塊HP
    http://kaedeai.web.fc2.com/kaede/kaede.htm

    新プレッシャーの塊カテゴリ
    http://rx7802g.blog.fc2.com/blog-category-45.html

    この2カ所に掲載してます。

    ちなみにいいオジサンが何してんの?って気配が満載なので、興味ない方は、気持ち悪くなるといけないので、完全スルーでお願いします。
    こういうのを見たからって言って、不平不満を言うのはやめて下さい。


    と、一通りの説明書きましたので、ここからが本題です。
    ↓↓



    シリーズ「空」…01
    「飲み込んだ全部」


    62270.jpg

    新しい朝がやって来て、さらさらした風が頬先を通り過ぎた。



    キレイなモノや汚い事、大切な人への淡い気持ちや、やりきれない思い…

    その全部を飲み込んだ夜はすっかり明けてしまった。


    飲み込んだモノは飲み込んだままでも案外、大丈夫な様で、



    ボクは戸惑いながらも心を前に向け顔を上げる。



    うん…、
    今日の空は蒼く見える。



    楓。

    2012-11-10 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    FxCam_1309825313239.jpg


    大人になると
    悲しい出来事があったとしても
    泣かずにいる事が出来る…


    それはいい事なのか
    悪い事なのか…





    大人になると
    欲しいモノがあったとしても
    我慢する事が出来るようになる


    「それは夢の中だけでいいや」
    なんて考えて…




    いつからだろう
    そんな大人になったのは

    いつからだろうか
    感情の振り幅が
    こんなに狭くなったのは






    いつからだろう…






    楓。
    2012-11-02 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    yukigesiki.jpg




    雪が降って
    街に色がなくなって
    音のない夜が来たら
    君に会いに行こう

    君はいつも通りで
    少しだけ髪を切って
    その毛先を気にしながら
    温かいカフェオレを飲んでいる


    この季節でしか出会えない君がいて
    ボクはそんな君が大好きで
    君のとなりで星を見上げて

    ラブソングを口ずさむ



    夢を見ているような
    夜は意外と短くて
    朝焼けの景色の中で
    手をつないでた

    君は普段通りで
    少しだけ切った髪が
    心地よい風に揺らされたら
    少し頬が赤くなってた


    この季節でしか出会えない君がいて
    ボクはそんな君が大好きで
    君のとなりで空を見上げて
    鼻歌交じりで口ずさむ



    新しいものが見える春
    行ったり来たりしてた夏
    秋に落ちた恋に戸惑い
    二人寄り添う季節の中で

    この季節でしか出会えない君がいて
    ボクはそんな君が大好きで
    君と一緒に雪をみながら

    ラブソングを口ずさむ




    楓。
    2012-04-09 | カテゴリ:☆プレッシャーの塊
    空が青くてきれいな事。



    心が満たされている時 ボクは
    美しいと思える景色を美しいと感じる事もないまま


    流れる雲の壮大さや
    触れた空気の冷たく鋭い様も
    ボクの人生を彩ってくれている色々な音の数々にも

    さして感じないまま



    これは本当に満たされているのか?

    ただ単に
    「忙しさを充実」と 「楽しい事が幸せ」と
    感じているだけではないのか?

    そんなふうに思う事があります。



    人は 足りない何かを埋める為に
    心の隙間を埋める為に

    そんな時にしか
    自然の美しさに目を止める事がないのでは?



    この桜が咲く季節
    充実した毎日の中で
    この桜の美しさを感じるよう…




    楓。